憧れの“こんぴら歌舞伎大芝居”千秋楽に行ってきました♪

もう2週間前のことになってしまうのですが・・・

念願の“四国こんぴら歌舞伎大芝居”へ行ってまいりました♪

f0196286_2135025.jpg


現存する中では日本最古の芝居小屋の金丸座で
年に一度サクラの季節に2週間だけで、その期間の琴平町はこんぴら歌舞伎一色に染まります!

f0196286_20325527.jpg


↑ ↑ ↑
こちらが金丸座

右側に見えるのが今年の絵看板。

第一部「正札附根元草摺」と「一本刀土俵入」

中央に見えるのが、“まねき”と呼ばれる招き看板です。



千秋楽の第一部を観劇しました。


一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
              曽我五郎時致  種太郎改め歌 昇
               小林朝比奈  歌 昇改め又五郎


二、一本刀土俵入(いっぽんがたなどひょういり)
               駒形茂兵衛       吉右衛門
                  お蔦       芝 雀
                堀下根吉  種太郎改め歌 昇
             若船頭/おみな       種之助
              子守娘おてる       米 吉
                 伊兵衛       隼 人
               船戸の弥八       吉之助
                 清大工       桂 三
                 老船頭       由次郎
             船印彫師辰三郎       錦之助
               波一里儀十       歌 六



場内にはいると、案内してもらってお席に着きます。
桟敷席だったのですが、やっぱりニッポン!という感じで座布団に正座です。

f0196286_20425293.jpg


大入ざぶとん!


開演前は、みなさんお弁当食べたり、談話されています。

f0196286_20434191.jpg


この幕をみると、永谷園を思い出しました。

私もおべんとうを広げて
f0196286_2046431.jpg


f0196286_20462271.jpg


にっこり完食(^-^)v

この日は、嵐の天気予報だったので、きものを着ていくのを悩んだのですが・・・

歌舞伎デビューは着物で!!と夢見てたので、張り切って着付けして行ったところ

ほとんど雨は降らず、金丸座から出るころにはおてんとさんが出ていて
とってもツイテました♪


f0196286_20583568.jpg


自然の光を取り入れ、窓の開け閉めで場内の明るさを調整する為
場面によって内障子にしたり木の戸を閉めたり、劇場の原点を見させてもらいました。

正札附根元草摺は、中村歌昇さんと又五郎さんの親子競演で

歌舞伎といえば!イメージ通りの

ヨォーーーーーーッ!

で、衣装の色使い、役者の方の動きなど
日本文化は、すごいっ!!!

ぜんぜん何言ってるか分からないんだけど、
すごい迫力と美しさに圧倒されて見入っていたので、息をするのを忘れてました(^^;)

そして、観客席からの掛け声が絶妙なタイミングで
役者と観客が共に楽しむという空気が感じられて、興味深かったです!


そして、休憩を挟んで、お次は中村吉右衛門さんの登場!

“一本刀土俵入”

またまた息をするのを忘れたら、大変だなーーと思っていたら、
こちらは江戸時代の人情劇の感じで、ヨーーーーッってーのは無くって
拍子抜けでしたが、これも歌舞伎だったと初めて知りました。んーーー勉強不足だねこりゃ。

とても貴重で、楽しい体験でした♪
また来年も行きたいな。

お芝居が終わった後は、やっぱりスイーツ!ということで
香川名産の和三盆をつかった優しい甘さのソフトクリームに
和三盆ドーナツをトッピング。
f0196286_20594238.jpg


日本は、素晴らしいと、改めて感じた一日でした☆

ikeda yoshimi


■オーダーカーテン サラ 福山御幸店
福山市御幸町中津原1765-2   フリーダイアル0120-577-559
■オーダーカーテン サラ 広島祇園店
広島市安佐南区西原5-11-1 電話(082)875-7900
http://sala-hiroshima.com

情報満載 SALAのホームページ

http://www.sala-group.jp/

広島ブログに参加してます♪
あなた様の『ポチっとな』が励みになります!

 ↓ ↓ ↓
広島ブログ

[PR]
by salastore | 2012-05-05 21:18 | 店長 よしみのブログ